2004年01月30日

新しい花屋さん

  今日は眼科へ薬をもらいに行く日なので、午後の診察時間に間に合うように出かけました。ゆっくりと歩いて12、3分のところです。日差しも暖かく、のんびりと歩いていい散歩になりました。
  途中に花屋さんがあります。店構えのある花屋さんではなくて、普通の家の玄関ドアに花やアレンジのサンプルを並べているのです。ごく最近になってこの玄関先に花があることに気がつきました。今日通りかかるとドアが開いていて玄関の中にも花が所狭しと置いてあるのが見えました。オーナーらしい奥さんも出てきたので、少し話をして、小さな花束を2つ買いました。
  家の玄関の棚に、買ってきた花を飾りました。口のところがくびれた小さな花瓶に白とピンクの花が良く似合います。
posted by くまのおかあさん at 23:38| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月27日

誕生日ベア

  2月末までに「誕生日ベア」を作ることになりました。誕生時の身長、体重をそのまま表現しますのでかなり骨が折れます。数年前に娘のサイズを使って1体作っていますので、様子はわかっていますし型紙もあります。でもせっかく作るのですから新バージョンを試みてみようと思っています。今回は孫のH君のサイズで作ります。私自身、ちょっと楽しみです。
posted by くまのおかあさん at 23:08| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月26日

小さいベア

  浦和コルソでのイベントが終わって、ほっとしています。運営に当られた方たちは大変だったと思いますが、会場もゆったりとしてとてもいい雰囲気でした。
  今日からは気持ちも新たに次の仕事にかかりましょう。と思ったのですが、仕事机の上に未完成のベアが待っていましたので、まずそれを作り上げました。体長15cmくらいのベアを、形やファーを少しずつ変えながら試しづくりをしています。
  さてと、今日作るベアも小さいベアです。3年半前にウェディングベアをオーダーでお作りした方から、2番目のお子さんが生まれたので、子どもベアを作って欲しいという注文をいただきました。最初のお子さんが生まれた時には、ウェディングベアのサイズに見合う子どもサイズのベアを作っています。今回も2番目の子どものサイズのベアをとのオーダーをいただきました。お兄ちゃんベアとの変化をどのようにつけるかでずいぶんと迷ったのですが、サイズは同じで着ているセーターを変化させることにしました。
posted by くまのおかあさん at 22:53| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月23日

手紙の整理

 昨日、浦和でのイベントに向けてベアなどを発送して、今日は何となくほっとしています。手紙と名簿の整理に時間を使うことが出来ました。
posted by くまのおかあさん at 23:08| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月21日

パンプキングラタン

  24日、25日に“BearFreinds in Saitama”が開催されます。委託でお願いするベアの準備がまだ十分出来ていなくて、今日は集中してベアの準備に時間を使いました。
夕飯もくまのおとうさんの協力を仰いで、惣菜を買ってきてもらうことで時間を作ることにしてありました。
  おとうさんが買って帰った惣菜は、「パンプキングラタン」というものでした。容器に入った一人分は見た目に相当なボリュームです。食べ始めてみると、かぼちゃをくりぬいた容器にクリームで合えたグラタン風のものが入っていることがわかりました。グラタンから想像するようなポタポタ感がなくて、かぼちゃのホクホク感が優先しています。食べてからの感想は、「今回だけで結構でございます」ですね。
  せっかくおとうさんが気をきかせて、珍しいものをと選んでくれたでしょうに、残念です。やっぱり自分で作ったものが一番美味しいと心の中でつぶやきました。
  今度からは手抜きを考えないようにしますね、おとうさん。
posted by くまのおかあさん at 23:24| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月18日

「にんじん」の本

 昨日は、くまのおとうさんが日本橋界隈で所用があったので、その用事が終わる時刻を見計らって私も日本橋へ出かけました。日本橋へ出かければまず本屋さんです。児童書の置いてある一角は本当に見ていて楽しい所です。孫のH君にも買ってきました。
  H君には本好きになってほしいという、じじとばば(とくにばば) の願いを込めて、家に来るたびに「ちいさなうさこちゃん」を読み聞かせています。「『ちいさなうさこちゃん』を持ってきて」と言うと、本を持ってきて私の膝にちょこんと座ります。そして1ページ目を読むと、嬉しそうににっこりします。2ページ目もにっこりします。ところが3ページ目になるとその先が気にかかるようで、ページを先へ、先へと自分でくっておしまいになってしまいます。
  ちょっと目先を変えてみようと思い「いやだいやだの絵本」という4冊セットになっているのを買ってみました。H君のパパにも何度も読んで聞かせた懐かしい本です。「にんじん」、「ねないこだれだ」、「もじゃもじゃ」、「いやだいやだ」の4冊がセットになっています。「にんじん食べようね」とか「早く寝ようね」とか「髪の毛をきれいにとかそうね」というような、ちょっと教育的なニュアンスがあります。H君のパパが子どもだった時代には十分教育的な意味がありましたが、待てよ? 今時の若い人はファッショナブルなもじゃもじゃ頭できめていますし、深夜まで働くお父さんやお母さんもいらっしゃるので夜更かしの子もいることでしょう。う〜〜ン。
  ま、とりあえず「にんじん」から読み始めてみます。
posted by くまのおかあさん at 23:10| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月15日

渡り鳥?

  大寒波の襲来です。北海道では観測史上初めての降雪量を記録したとニュースが伝えています。ここ東京でも風の冷たさは格別です。朝洗濯物を干していて指の先がぴりぴりするような冷たさは、ここ何年も経験していません。
昨日朝、洗濯物を干しに屋上に上がると、空は抜けるように青く、この日も手の先がぴりぴりするような寒さでした。そして、びっくり!?
  屋上に置いてある(放置してある)直径1m深さ10cmほどのプラスチック製容器の周りに、鳥の落し物と思われるものがびっしりと落ちていました。そばにある木製のベンチとテーブルにもいくつもあります。ふと目を転じると屋上を囲むフェンスの上にもびっしりと同じ物体があります。よく見ると何か穀類の種のようです。数粒づつ固まっています。どこかで同じ物を食べてきた一団がここで一休みしていったようです。我が家の上空を飛行中にプラスチック容器の水の光に引かれて降りてきたのでしょうか。何羽いたのでしょう。落し物の数から類推すると、20から30羽くらいはいたかもしれません。
渡り鳥かしらと考えるとちょっとロマンを感じますが、最近のニュースを見ているとそうも言っていられません。鳥インフルエンザが話題になり、渡り鳥から感染したかも知れないと話をしていた専門家の方もいたので、我が家の落し物もマスクをして慎重に取り除きました。
posted by くまのおかあさん at 23:07| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。