2002年09月30日

“予定”は延期

  今日は朝から雨模様で、結局病院へ行くことは延期になりました。
  月曜日なので、Tuさんが来てくださって、いっしょにチクチクとキット作りをしました。夜、息子が数日ぶりに来て、孫のビデオ写真を見せてもらいました。今は奥さんのご実家にいるので、孫の様子は久しぶりです。目を開けている一枚がありましたが、どんな世界を見ているのでしょうか。
posted by くまのおかあさん at 23:39| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年09月29日

明日の予定

  一昨日あたりから、母の股関節がいっそう痛んでいるようなので、明日はいつもの病院の整形外科へ診察を受けに行くつもりです。母はここ1ヶ月くらいで、足の運びがずいぶんとおぼつかなくなり、家の玄関から道路へ出るまでの、緩やかな5つの階段を自分の足で登ったり下りたり出来なくなっていました。デイサービスセンターへ行くときには、お迎えの車の運転手さんや係りの方の力を借りて、車椅子ごと運んでもらっています。
  先週水曜日に、病院へ行ったときには、車椅子ごと運んでもらえるタクシーを利用しました。予約をしておいて時間に来てもらうようになっています。行きに利用したのはタクシー会社の持っている車椅子専用の車両でした。家から病院までは2kmほどです。普通のタクシーに乗れば1000円あれば十分な距離です。ところが料金は4280円でした。帰りに利用したのは同じく車椅子専用で福祉タクシーというものでした。運転手さんのほかにもう一人添乗の人がいて、とても親切でその上料金が1680円と、なんともありがたいものでした。また、この次にもお世話になりたいと思い、いろいろお話を聞いたところ、1ヶ月くらい前から予約をしないと駄目とのことでした。急なことではとても利用できません。その日は5時の約束で来てもらったので、たまたま車が空いていたということでした。
  さて明日、どうやって母を病院まで運ぶか、あれこれ考えています。出かけるときには、くまのおとうさんがまだ家にいる時間なので、手伝ってもらって車椅子ごと道路に下ろして、普通のタクシーで行けそうです。さて問題は帰る時です。私一人で何とかしなければなりません。診察の終わる時間もハッキリしませんから、車椅子タクシーの予約を取るのも難しいと思います。
  道路でタクシーを拾う時、乗り込む前に「家に着いたら、車椅子ごと階段を5段運び上げるのを手伝ってもらえますか?」と尋ねて、OKの返事をもらってからお願いしようかと思っています。優しい親切な運転手さんに出会えるのを祈るしかありません。
posted by くまのおかあさん at 22:34| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年09月28日

クリスマスのベア

  雨が肌寒さを連れてきたようです。隣家の門の脇にある金木犀が、雨に濡れたアスファルトの上にオレンジ色の花を散らしています。
  今日は蒲田東急産経学園のテディベアクラスの日でした。10月、11月のクラスで体験講座を予定しています。季節柄、クリスマスのテディベアを作ります。そのサンプルになるベアを連れて行きました。白いベアに赤いとんがり帽子を被せています。(今日の作品に出ています) それだけでもう、クリスマスです。
posted by くまのおかあさん at 23:07| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年09月26日

あら、こんな所に

  我が家は2世帯住宅になっていて、母が住んでいる部分の庭には、わずかばかりの面積ですが芝が植えてあります。最近は芝を刈り込んでいる時間の余裕が無くて、伸び放題です。伸びて伸びて、ふかふかの草むらという感じになっています。今日、庭に降りた時にふと足元を見ると、芝の間に5cmくらいの可愛らしいバッタがいたのです。小学生時代を田舎で過ごした私には、懐かしい虫です。
夜になると虫の音を聞くことができるというのは、虫たちがたくさんいるということですが、姿を見ることはほとんどありません。
  クリスマスにはまだ時間がありますが、クリスマスのイベントに向けて、写真撮影のために、今日ベアを発送しました。
posted by くまのおかあさん at 22:13| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年09月25日

柳行李のベッド

  この日記も気がつけば4日も跳んでしまいました。金木犀の香りが開けた窓から漂ってきます。冷たい空気とともに深呼吸してみました。
  今日、孫とお母さんが退院しました。この日にあわせて、柳行李を利用したベッドを用意しました。行李をきれいな布でカバーして、中の敷布団と掛け毛布とそれぞれのシーツを作りました。
私の子供たちがベッドとして使った行李が、まだ大切に我が家にあったのです。今回父親になった息子も30年前に使っていたものです。寒い季節に向かって保温の点からも便利です。
今日は午前、午後と病院の待合室で過ごしたような一日でした。午前中は先週母が受けた検査の結果を聞くために待合室に2時間以上いました。午後は検査のために母と一緒に再び同じ病院に向かいました。病院への往復には初めて「介護タクシー」を使いました。車椅子のまま運んでもらえます。普通のタクシーのように町を流しているわけではないので、予約をしなくてはなりません。家に帰り着いたのは5時半でした。
posted by くまのおかあさん at 21:00| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年09月21日

介護認定

  昨日母の要介護認定のお知らせが来ました。「介護度2」の認定でした。今までずっと「介護度1」でしたので、1段階ランクアップ(?)それともランクダウン(?)となりました。
  8月の始めに、認定のための聞き取りをする方がみえて、何十項目にもわたる質問をされました。その時母は元気よく答えていましたので、「介護度1」よりも軽い「要支援」になるかもしれないと、心の隅で思っていました。そうすると「介護度1」の援助の範囲で成り立っている生活が、続けられないという困ったことになります。ところが判定は2というものでした。今までどおりの生活ができるという安堵感と、一方で、手助けが今まで以上に必要になってきているという認定に、一抹の不安も感じました。
  ハロウィーンのベアを作りました。魔女とパンプキンの扮装をしています。作っている途中にいろんなことがあって、かなりの時間が過ぎていきましたが、なかなか完成にこぎつけませんでした。ようやく出来ました。
posted by くまのおかあさん at 23:22| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年09月19日

孫の誕生

  今日早朝に初めての孫が誕生しました。今日はもう2回も病院へ行って顔を見てきました。まだガラス越しの対面ですが、可愛いです。
  孫の予定日は17日でしたのに、何のしるしも無く過ぎていきました。18日には気になりつつも、母と一緒に病院へ行っていました。母のいろんな訴えがあって、4つの科を回っている最中でした。3つめの科を待っている時に、自宅に居たくまのおとうさんからの伝言を病院の事務の方から聞いて、急いで家に電話をかけました。そろそろ始まったみたいという連絡でした。病院でおとうさんに母をバトンタッチして、私は息子の家へタクシーで急ぎました。一人で家に居た息子の連れ合いTuさんと入院用のバッグを載せて、出産予定の病院へ直行しました。入院手続きを済ませ、Tuさんは陣痛室で横になっています。私が電話連絡を終えて陣痛室に戻ると、ベッド脇のモニターから元気のいい、しかし少々不安定な拍動音が聞こえていました。時間とともにグラフが描かれて流れ出てきます。ド、ド、ド、という音は生命力にあふれていました。少し病院内で過ごすうちに息子が来たので、後を託して、家に急ぎました。 早く顔を見せておくれ。………
  今朝早く孫の誕生を聞きました。男の子です。
posted by くまのおかあさん at 22:55| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。