2001年11月24日

身近な秋

  このところぽかぽか陽気で、気温は1ヶ月さかのぼってしまったようなものです。
家からバス停に向かう途中の角の家に、立派なさくらの木が一本あります。枝は
道路のほうまでゆったりと伸びて、四季折々に通行人を楽しませています。さくらの
季節はそれは見事で、住人の方のお心遣いで夜にはライトアップもされています。
花がほころび始めて、散り落ちるまで楽しみが続きます。夏になれば緑濃い豊富な
枝葉が道路に影を落として涼しげです。11月も半ばを過ぎて都会の中でも紅葉が
進み、秋深しを感じています。
  今日は蒲田東急産経学園でベアのクラスのある日なので、午後、バス停に向かって
歩いていました。その桜の木のあるお宅の角を曲がった時、はっとしました。意識の
下で予期していた空気と違うものを感じました。いつもと違う 思わず足を止め
ました。道路の両端にびっしりと落ち葉が降り積もっていました。黄色、えんじ色、
茶色、などなど。見上げると桜がほとんど葉を落としていました。そしてその時も、
はらり、はらりと葉を落としつづけていました。空が明るくなりそのうえ道路が黄色く
明るくなって、いつもと違っていたのでした。かさかさと枯葉を踏んでバス停へ
急ぎました。
posted by くまのおかあさん at 21:40| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年11月19日

ウェディングベア

  21日(水)と22日(木)の一泊二日でテディベアを作る講座をします。
場所は群馬県沼田市です。今日材料一式を3つの箱で発送しました。ちょっと
ほっとしています。
  ウェディングベア作りに本腰を入れて取り掛かっています。各パーツを縫い
合わせて、足の裏の刺繍を今日終えました。頭にはすでに綿を詰め終わっています
ので、次はジョイイントです。他の仕事に気を取られないようにして、心をこめて
作ります。
posted by くまのおかあさん at 21:25| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年11月16日

本当の話

  その1.  金曜日は英会話クラスのある日です。今日のクラスは生徒が4人に
なり、にぎやかでした。先生も若いですが、新しく加わった生徒も若いので、
クラスの平均年齢がぐっと下がりました。いつものように新聞の記事を読む授業の
合間に、先生が話されたことです。
  お兄さんがいらっしゃって、軍人だそうです。海軍なのでしょうか、何とか
言う艦に乗っているそうです。今までカリフォルニアの近くで訓練を受けていたそう
ですが、数日前にアラビア海に向けて出航したそうで、とても心配されていました。
そして出航を目前にしてガールフレンドと結婚式を挙げられたそうです。この話を
聞いて、戦争の現実を垣間見た思いがしました。そして50年以上前の第二次大戦中の
日本であった、似たような話を思い出しました。
  その2.  英会話クラスのあと、くまのおとうさんに頼まれた箱を買いに、
大森駅に回りました。買い物を済ませて荏原町行きのバスに乗りました。バスの
ルートは商店街をまっすぐに抜けて、環状7号線を横切り、その先の小さな交差点を
右折して荏原町へ向かいます。バスは数人が立っているという込み具合でした。
環状7号線を横切る交差点の少し手前で、次は〇〇です。バスが右折する時には
揺れますので、ご注意ください。といういつもの案内が車内に流れました。と、
その時、バスは環状7号線の交差点で右折してしまったのです。一瞬車内はざわめき、
すぐにこれは荏原行きですよ。という声があがりました。運転手さんはすぐに
気がついて、すいません、すいません。といってUターン用の道路を使って反対側車線に
入って事なきを得ました。早く気がついてよかったですね。と隣り合った見ず知らずの
方とうなずき合いました。
posted by くまのおかあさん at 22:45| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年11月11日

合同クラス会

  今日は卒業した大学の合同クラス会でした。合同の意味は男子、女子合同
ということです。現在は一つのキャンパスで共に学ぶ普通の大学ですが、私が在学した
頃は男子のキャンパスと、女子のキャンパスは別々のところにありました。
なぜそんなことになっていたかというと、それぞれの前身の学校が異なっていた
からです。授業は別々ですが、クラブ活動だけはいっしょでした。今日のように
合同で集まっても男性の知り合いは同じクラブに所属していた2、3の方のみです。
一方女性のほうは150名で1学年1クラスの大所帯だったのですが、皆知り合いです。
が、その中でも人間関係の濃淡は、次第に出来上がっていました。
  学校は理科系の単科大学でしたから、実験の授業がたくさんありました。
化学実験、生物実験など、などです。ひとつの実験台には4人から5人が集まります。
名簿の順に実験台が決まりますので、4年間ほとんど同じメンバーでひとつの
実験台を共有することになります。実験実習では実験の結果に伴う成功や失敗の
喜怒哀楽、協力関係など、講義を聴くだけの授業では得られないつながりが生まれます。
  150人の間では、同じクラブに所属していたという色合いと、同じ実験台に
いたとか、実験台の位置が隣り合っていたというような色合いが微妙に入り混じって
人間関係を作っていたように思われます。
  今日も同じ実験台にいたYさんと長いこと話をしました。また、同じクラブに
所属していた3人の男子部の方とも、懐かしいお話をすることが出来ました。
posted by くまのおかあさん at 23:10| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年11月10日

英会話クラス

  今日は英会話クラスの日でした。朝から冷たい雨が降っていて、のんびりと
家にいたい気分を振り払って出かけました。クラス担当の先生はかなり頻繁に
変わるのですが、幸いなことにここ1年半くらいは、ニュージーランドから
いらしている先生と落着いた授業が続いていました。生徒はYさんと二人で、
すっかり仲良しクラブ風のクラスでした。ところがこの先生は10月、11月、
12月と3ヶ月契約の外の仕事に出てしまわれることになりました。その後、
クラスでお目にかかる先生は毎週のように変わって、なんとなく落ち着かない
気分の連続でした。10月後半に私は乗鞍のワークショップの準備などでお休み
が続いてしまったのですが、その間にどうやら新しい先生が定着されたようです。
若い男の先生で歳をお尋ねしたら私の息子よりも若い方でした。そして、ここ1年
近くYさんと二人だけのクラスでしたが、なんと今月になって新たに2人の方が
入ってこられて、クラスは活気ついています。
  クリスマス用のベアが予定どおり2体完成しました。お天気が回復したら
写真を撮って、新宿タカシマヤ・テディベアカンパニーに発送します。今月14日
頃からお目見えすると思います。
posted by くまのおかあさん at 23:27| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年11月07日

次のベア

  さて、Garwood のキットは発送しました。今日からはクリスマス用のベア2体
にかかります。とはいうものの、午前中は母に付き添って病院へ行きましたので、
結局仕事を始めたのは午後3時を過ぎていました。
  ショートモヘアを使って、小さな立っているベアを作ることにしました。
この布は本当に扱いにくいです。二枚の布が期待どおりに合わなくて、かなりの
部分を手縫いでしました。明日は少なくとも1体は完成したいです。
posted by くまのおかあさん at 22:49| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルファとの散歩

  今日は木枯らし一号が吹きました。枯れ葉が舞って、冬近しです。強い風は
夜になっても吹いています。今日はくまのおとうさんの帰りが遅く、アルファの
夜の散歩は私だけで出かけました。私との散歩では、彼は生き生きと吠え立てます。
おいらはアルファ様だ〜いというように吠えています。
  夜の散歩の定番コースにある一軒のお宅からは、いつも元気な男の子の声が
聞こえてきます。今夜もお父さんとお風呂に入っているらしい声が外まで聞こえて
いました。顔は知りませんが声からして幼稚園くらいの男の子らしいです。道路の
角にある家なので、アルファといっしょにぶらぶらと歩いて角を回る間中声が
聞こえます。
  まだ暑かった頃、窓が開いていることもあって二階からお母さんとのやり取りが
聞こえました。お母さんはかなりいらだっている様子で、彼の受け答えごとに
お母さんのいらいらは募っていく様子がわかりました。思わず聞き耳を立てて
歩みが遅くなってしまっていました。はらはらするような空気が伝わってきました。
と、その時電話のベルが鳴りました。お母さんは普通の声にもどって応対を始め
ました。なぜかほっとしてその角を離れました。そして遠い昔の自分の子育ての
時はどんな風だったのかと自問しました。きっとその頃は、私も我を忘れて一生懸命
だったことでしょう。
posted by くまのおかあさん at 22:46| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。