2001年07月31日

オートマ車に乗る

  車の初乗りに挑戦しました。もちろんくまのおとうさんの付き添いでです。
まず、乗り込む前に説明書をざっと見て、いざ出発。当然のことながらギヤと
クラッチがありません。これまではマニュアル車だったので、左の手と足がつい
動いてしまいます。特にスピードを落とす時に、左の手足で何もしないということに
一瞬不安を覚えます。大丈夫、大丈夫この車は大丈夫と自分に言い聞かせながら
走りました。駐車場に入れるときの前進、バックの繰り返しには参りました。
思うように行きません。今日は気温が高かったせいもありますが、久しぶりに
冷や汗のような汗をかいて車を降りました。感想は「まるで着ぐるみを着て歩いて
いるみたい」 思うように振舞えません。
  午後にはいよいよスカート製作を決行しました。先日生地屋さんへ行った時に
思わず買ってしまった生地がとても軽いのを思い出して、作ることにしました。
軽いには軽いのですが無地ではありません。ごってりと模様が入っています。
南の国の更紗模様というのでしょうか、夏そのものです。4時間くらいで完成
できました。はいてみたら予想どおりとても軽くて涼しいようです。布の残りが
少しあるので、簡単なブラウスに挑戦します。これは明日のお楽しみ。
posted by くまのおかあさん at 22:31| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年07月30日

少し余裕

  土曜日、日曜日と二日にわたったスタジオこぐでの一日体験講座が終わって、
今日はなんとなくほっとして過ごしました。書かなければならない手紙、返送
しなければならない書類、送らなければならないFAXなどなどたくさん山積みです。
午後からはそれらの処理に時間を使いました。
  少し時間の余裕がありそうに感じられると、スカートを縫おうかななどと
洋裁をしてみたくなります。軽くて涼しいスカートが一枚ほしいと思っています。
手持ちの布をあれこれ思い巡らせていますが、迷うばかりです。貴重な時間を
使って縫うわけですから、失敗はしたくはありません。それを考えているとやはり
迷います。スカートはやはり無地がいいかなー。どんな形にしようかなー。迷う
楽しさを味わっています。
posted by くまのおかあさん at 21:43| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年07月29日

選挙投票日

  参議院選挙の投票日でした。この投票については昨晩から我が家の話題に
なっていました。投票は何党に、誰にということではなくて、84歳になる母を
どうやって投票所に連れて行くかです。最近は両脚の調子が悪くて、ほとんど
家の外に出かけません。家の中でも移動するには2本の杖が必要な状態です。
投票所となっている小学校は、我が家から2ブロック離れているだけですが、
とても歩いては行かれません。車で校門まで連れて行ったとしても投票する教室を
歩くのも大変と思われます。ところが我が家にはまだ車椅子がないのです。前回の
都議会議員選挙の投票は、投票日に出かける都合があって、私たちは母を連れて
不在者投票をしました。投票所は大田区の特別出張所でしたので、駐車場も近く、
入口のすぐ前で車を降りて楽に投票を済ますことができました。今回も何か理由を
つけて不在者投票をしてしまえばよかったのにと思いましたが、前日の夜となっては
後の祭りです。
  私個人の考えとしては、こんな思いまでして投票をしなくてもいいんじゃないの?
となるのですが、本人の投票への意欲は衰えません。本人が行きたいといっている
以上、棄権すればとは言えません。やれやれ。
  今朝はいつものように7時にアルファの散歩に出かけて、帰宅後そのまま投票所
に向かいました。投票受付の横に「相談係」という表示のついた机に人がいました。
くまのおとうさんが「車椅子はお借りできますか?」と尋ねました。「今ここに車椅子
の用意はありませんが、この小学校にあるかもしれないので聞いてきます」と
席を立たれました。しばらくして「選挙管理委員」というバッジをつけた方がみえて、
親切に対応してくださいました。結局、小学校にも、隣接する消防署にも車椅子は
ありませんで、学校から我が家とは反対方向に歩いて123分離れたところにある
大田区郷土博物館にはあるということが判りました。この車椅子をお借りすることが
できて、母は無事に国民の権利を行使することができました。この車椅子を借りに
行って、母を乗せて投票所と家との往復をして、それに返しに行ってと、くまの
おとうさんが大汗をかいて動いてくれました。本当にありがとう。
posted by くまのおかあさん at 22:13| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年07月28日

こんにちは、よろしく!

  朝一番でアルファをつれて動物病院へ行きました。この2、3日またまた耳が
痒くなってきたようです。先月受診した時に外用薬をいただいていて、一日一回
つけているのですが、それでも耳が真っ赤になって、ぼりぼり、ぼりぼりと掻いて
います。実は今日は新しい車の来る日なのです。アルファにとっても私たちに
とっても乗りなれている古い車で、連れて行くことにしたのです。これが最後の
仕事です。
  10時半の約束でくまのおとうさんといっしょに新しい車を取りに行きました。
今までの車は黒に近い紺色でしたが、今度の車は白に近いグレーです。とても
可愛い箱型で、担当の方からいろいろ説明を聞いているときから、とても気にいって
うれしくなりました。これから仲良くやっていけそうです。この先何年乗ることに
なるのかしら。よろしくね!古い車には心からご苦労さんでしたと、労をねぎらって
お別れしました。
  今日のスタジオこぐの体験講座参加者は3名でした。一人は小学校6年生で
お母さんと一緒の参加でした。最近学校の家庭科で、玉止めの練習をしたそうで、
今日のベア作りでは、さらなる玉止めスキルアップになったようです。明日の
講座では5名の方の参加予定です。
posted by くまのおかあさん at 21:38| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年07月27日

納戸の整理

  今日は台風のおかげで涼しい空気が南下してきたようで、過ごしやすい一日
でした。昨日は、一日体験講座で使うキットや綿などを発送しました。それに
引き続き今日は31日までの約束で注文を受けていましたベアを2体発送しました。
とてもほっとしています。気温も高くないし、部屋中に散乱している納戸から
出て来た荷物をいよいよ片付けることにしました。埃にまみれている箱を一つ一つ
開けて中を確認しました。「飾」という文字が書いてある箱には、可愛らしい
部屋を飾る小物や、棚に飾って見たい思い出の品などが入っています。ところが
この何年もほとんど箱を開けていません。当然中に入れているものもほとんど
覚えていません。あらためて中の物を見て、季節ごとにこまめに取り出して居間に
おきたいと思いました。生活にゆとりを取り戻したいと思います。
  我が家の愛犬アルファはシェットランドシープドッグで、毛が長い犬種です。
くまのおとうさんがほとんど毎朝ブラッシングをしてやります。その時
抜ける毛を今までずーっと捨てないでおいてあります。分散した状態で納戸に
押し込んでありました。あらためてすべてを集めてみるとかなりの量になって
いました。いつか毛糸にして、何かを編んでみたいと思っています。イヌの毛を
毛糸のように紡ぐ方法がわからないので、いつかはと思いながら12年経って
しまいました。
posted by くまのおかあさん at 21:42| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年07月23日

大暑

  今日は暦の上では大暑だそうです。そのとおりおお暑いの一日でした。
東京は35.8度でした。
  今週末に開催される一日体験講座で使うキットの制作に集中して過ごしました。
大方準備は出来て、サンプル用のベアも完成しました。今回は夏らしくブルーの
ベアです。夏休みで小学生の参加者も一人いますので、小さめのキットも用意します。
これは明日の仕事になりそうです。
posted by くまのおかあさん at 21:56| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薪ストーブ

  乗鞍の古い家の前の住人は、薪ストーブを使用していたようです。これから
アトリエになる部屋の壁には、ストーブの煙突用の大きな丸い穴があいています。
最初、私たちのような田舎暮らしに不慣れな者には、薪ストーブの扱いはとても
できないと思っていて、灯油とかガスなどのヒーターを考えていましたが、じわり
じわりと「薪ストーブにしてみる?穴もあいていることだし。」と考えも変わって
きました。
  インターネットで調べて都内最大の薪ストーブのショウルームというところへ
行ってみました。50を超えるストーブがずらりと展示されていて、ビックリ
しました。どれも前面にガラスの窓がついていて、まるでガラス戸つきの家具の
ように見えます。
  私のイメージの中にあるストーブは、小学校の教室にあった「だるまストーブ」
から少しも離れていなかったことに改めて気づかされました。どのストーブも
別荘ライフやログハウスライフといった雑誌のグラビアから飛び出してきた
ようなものばかりです。こんな素敵なものが私の家にやってくるの? 暖まる
ように上手に薪を焚くことができるのかしら?
  初心者の質問に店のオーナーは一つ一つ丁寧に説明をしてくださいました。
すっかりストーブのことは判ったつもりになり、『薪ストーブ大全』という本まで
買い込んで帰宅しました。
  ストーブのカタログのキャッチコピーに『炎を最後に見たのは、いつの日だった
ろう?』とありました。本当にそうですね。最近はお台所もパネルで電磁加熱と
いうのさえありますからね。薪ストーブを設置することで、炎を囲む生活が
できるわけです。薪ストーブ愛好家の会のようなものもあるようです。薪ストーブが
個性的なライフスタイルの主張にもなりうるようです。
posted by くまのおかあさん at 21:52| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。