2001年06月29日

Y先生

  先週末からアルファーの耳が再び赤くなってきて、痒そうにしていました。何とか
我慢をさせながら、こちらの忙しさもあってなかなか獣医さんにつれていけませんでした。
今日はついに連れて行きました。最近いつも、特に耳が痒い時にお世話になっている
H動物病院に行ってみると、なんとT動物病院のY先生が顔を出されたのでびっくり。
二つの病院は姉妹病院なので、金曜日の午前中はY先生がH病院で診察をされていたの
です。アルファーは耳の処置を受けて、お薬をいただいて帰ってきました。今は薬が
効いているので落ち着いています。Y先生には2年前にアルファーが右後ろ脚の靭帯を
切ってしまった時に手術をしていただいています。アルファーも先生を信頼している
のか、今日はとても良い子で受診しました。
  Y先生は、私の学生時代からの親友の息子さんです。小さい子供のころには
たびたび私の娘といっしょに遊んだのですが、学校に入学して以来ほとんど会う
機会がありませんでした。大人になり、立派な獣医師になっている息子さんに会った
時、ちょっとした表情の動きが、若かったころのお母さんを思い出させました。
なんだか不思議な感じがしました。
posted by くまのおかあさん at 22:28| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年06月28日

コロッケ作り

  暑い、暑い、暑い。これで何日間の30度超えでしょうか。
  産経学園(蒲田)でテディベアの講座を持つことになりました。思いがけないお話で、
喜んでお引き受けしました。始めはとりあえず一日体験でベアを一体作ることとしました。
月に一度のペースになりますが、また新しい体験と出会いがあるのでとても楽しみです。
  今日の夕ご飯の支度には、いつもより時間がかかりました。今日の献立はコロッケ
です。これは私の得意料理です。料理の工程が長いので、体力と時間の按配でコロッケ
作りを決行します。ジャガイモを茹でます。茹でている間に、玉ねぎを微塵に刻みます。
そしてひき肉といっしょにフライパンでいためます。そろそろジャガイモの色が黄色く
なってきて、軟らかくなっているはずです。竹串で煮え加減を確認してざるに空けて
つぶします。フォークで簡単につぶすので、ジャガイモのつぶつぶが残っているのが
我が家風です。この中に先ほどのいためたひき肉を入れてよく混ぜて、一つ分づつに
簡単に丸めておきます。さて、これからが楽しいのです。コロッケ作りの楽しみです。
好みの形にします。大き目の俵型にして、一人1個で充分という大きさにしたり、
ボールのように真ん丸くしたり、つぶして小判型にしたり、その時その時の気分次第
です。今日のコロッケは小さい俵にしました。可愛らしいコロッケです。小さい俵の
表面に小麦粉をまぶします。次にとき卵の液を丁寧にくぐらせて、パン粉の中を転がし
ます。これで準備完了です。そろそろ中華なべの中の油が熱くなってきました。
零れ落ちたパン粉をぱらぱらと油に散らすと、勢いよく表面に浮き上がってきます。
温度、良し。コロッケを転がすように油の中に入れます。ころころと五つのコロッケを
入れました。表面が均等に熱せられるようにさらに箸で転がしてやります。美味し
そうな狐色になったら出来上がりです。市販のものでは味わえない美味しさです。
でも、やっぱり時間と体力の献立ですね。
posted by くまのおかあさん at 22:12| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年06月25日

乗鞍のアトリエ

  中央本線のスーパーあずさに乗って車窓から外を見ていると、沿線の緑の量が
どんどん増えていきます。緑の美しい季節です。
  7年くらい前でしょうか、初めて乗鞍高原のペンションせせらぎにお邪魔したのは。
そのときも確か6月でした。松本電鉄の終点、新島々駅発のバスから見た景色は、
緑一色でした。空気までもが緑色をしているようでした。たとえバスという箱の中に
いても、この圧倒的な緑色の中にいると、自分の存在が自然の中の一部であるという
ことが、じんと感じられました。季節の移り変わりを感じつつ日々を過ごせたら良い
な、という思いをそれ以来ずーっと抱いていました。
  今年、その念願がかなって、乗鞍の古い家を手に入れることになりました。とても
幸運でした。その家が私たちのものになるまでの経緯はさておき、その家は私たちを
待っていてくれたような気さえしています。周囲の方々の暖かいお心に支えられ、
事が成り行くままに身を任せているうちに、希望がかなうことになりました。
  今回初めて鍵を開けてその家に入りました。家の中はかなりの手入れが必要です。
家が使えるようになるまでには、少し時間がかかりそうです。秋のワークショップの
時までに、アトリエとして使えるようにしたいと思っています。
posted by くまのおかあさん at 20:48| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年06月22日

金曜日の午後

  明日、明後日と乗鞍へ行くので、今朝、不在者投票をしてきました。都議会議員
選挙は24日です。近くの大田区役所の出張所へ行ってすませました。これで一安心
です。最近は不在者投票も簡単になり、投票所も手近にあって、次から次へと人が来て
いました。
  今日は金曜日で、英会話のクラスの日です。いつものように新聞記事が一つ宿題
になっていました。木曜日に慌てて読んで準備をしたものです。短い記事なのですが、
米国ブッシュ大統領の演説を抜粋したもので、なんだかよくわかりませんでした。
弾道ミサイルのことなどが出てきたのですが、勉強不足で日本語の新聞でさえそれに
ついてよく読んでいませんでした。
  例によってクラス後のランチを楽しみました。今日は餃子の店に行ってみました。
クラスメイトの息子さんのご推薦というので、一度覗いてみようということになった
のです。小ぶりの餃子で、具に工夫をして、いろいろなものを入れていました。たとえば、
しいたけ、おおば、セロリ、竹のこなどなど、予想も出来ない具の連続です。私たちが
今日注文したのは、まず普通の焼き餃子、それからエビ、おおば、セロリ、アサリ、
トマトでした。皮がぱりぱりとしてとても美味しく、自宅で試みたとしてもとても
このようには出来ないだろうという結論になりました。店主によれば、トマトは最近の
力作らしくしきりに説明をして勧めてくれました。
  皿が大方空になり、おしゃべりに花が咲いているとき、店主が来てテレビの撮影隊が
来るのでインタビューに答えてくれないかということになりました。さっきのトマト餃子の
紹介らしいのです。そしてこのトマト餃子はおいしいとか何とかコメントを言ってほしい
とのことです。見回してもほかに客がいないのです。しかし、お断わりしました。
テレビに映りたくないからという理由です。インタビュー代はトマト餃子一皿でしたが、
やはり映りたくありませんでした。
posted by くまのおかあさん at 21:56| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年06月19日

お手紙

  嬉しいお手紙が届きました。
  3年ほど前にウェディングベアをお作りしたご夫婦に、初めてのお子様が生まれた、
というお手紙でした。そしてお子様の記念のベアを私に作ってほしいという内容でした。
お手紙を読んで、とても嬉しくなりました。そのご家族の歴史に私のベアが登場する
のです。本当に嬉しいことです。この気持ちを大切に今日のひとりごとはこれまでにします。
posted by くまのおかあさん at 22:32| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年06月17日

渋谷へ出かけました

  お昼ご飯を食べてすぐに、くまのおとうさんと渋谷へ出かけました。最近私の
老眼鏡の度がどうも合わなくなってきたようで、少し不便を感じていました。特に
英語の辞書を引くときに困っていました。時間がかかりそのうえ目が疲れます。いつも
行く渋谷の眼鏡屋さんに行きました。今の眼鏡はずいぶん以前に作ったもので、本当に
久しぶりです。古いカルテが出てきて、今の眼鏡は7年前に作ったということがわかり
ました。一週間後にできるとのことです。
  渋谷の町は大変な人出でした。渋谷駅の改札口を出た途端に、今日が日曜日である
ことを思い出し、そして日曜日に来てしまったことを後悔しました。なんという人の数
でしょう。その上、ストリートミュージシャンというのでしょうか、無遠慮な音を放出
しています。単に騒音としか聞こえないのですが、私には。すっかり疲れて帰ってきました。
posted by くまのおかあさん at 22:30| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年06月16日

ラブラブ&ドレス

  『ラブラブベア展』(宇都宮西武)と『ドレスベア展』(池袋西武)に相次いでベアを
発送しました。コンベンション後の作業でしたので、かなりハードでした。時間に追わ
れていたにもかかわらず、良い作品になったと思います。
  ドレスベアは、コンベンションのコンテストで、手の込んだすばらしい作品を
見ていましたので、どんなドレスにするかとても迷いました。ドレスを着せるベアは
すでに決めていました。白のスパースモヘア製で、ポウはピンクのフェルトです。
いろいろ考えた末に、一番手馴れているコットンのドレスにしました。白いベアなので
どんな色も合わせられるのですが、ポウのピンクが少し目立ちます。このピンクと
抵抗なく合わせられる赤を選んで、ワンピースを作りました。そして、やわらかい
ピンク色の薄い生地で、フリフリのエプロンをつけてみました。豪華ではないのですが、
かわいらしいものになったと思います。
  ラブラブのカップルにも頭を悩ませました。これもベアはすでに決めていました。
ショートモヘアのブラウンで、立っているベアです。体長は20cmに満たない小さい
ものです。カップルに見えるようにするには、何がポイントなのかをずいぶん考えました。
しかもラブラブです。服装での男女の区別は難しいものです。ネクタイとワイシャツの男と、
ドレスの女とでもすれば一目瞭然ですが、ステレオタイプで面白くありません。何か
ちょっとしたサインで男女の区別をつけられないかと思っていました。ふと頭をかすめた
のが、「水着だったら絶対よね!」というアイディアです。この線でかなり考えたのですが、
やめました。結局ありきたりのTシャツを着た二人になりました。そして胸元に花と
葉っぱを刺繍して区別しました。お互いの小指を赤い糸でつないで、ラブラブ関係を
表してみましたが、お客様にはどう見ていただけますかしら。
posted by くまのおかあさん at 21:36| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。